恐ろしい心霊動画は実はフェイクかもしれません

インターネット上には無数の動画があります。
それは動物の動画だったりゲームだったりと、動画の種類は多種多様です。 その中で心霊動画という幽霊や心霊現象を写した動画があります。
よくテレビの心霊特集で放送されるような視聴者が投稿した感じの動画が多いです。 動画の中で幽霊がゆらゆらと動いていたり、カメラの撮影者目掛けて突っ込んで来たりなど、見ているだけで恐ろしくなる動画ばかりです。
しかしその心霊動画、本当に本物の幽霊や心霊現象を写したものなのでしょうか。 化学が発展した現在では、容易に心霊動画と思わせるような動画を簡単に作ることができてしまいます。
例えばCGを使って幽霊を作り、それをあたかも本物の幽霊であるかのような錯覚を起こさせる動画なんていくらでも作れてしまうのです。 心霊動画にありがちなのが画面が暗いということです。
ほとんどは夜に撮影していて、恐怖感を演出しているように思えます。 演出以外にも理由があり、それはCGの嘘くささを隠すという意味もあります。
暗がりで周囲が見にくい状況を意図的に作り、そこに出来の悪いCGを少し映りこませるだけで簡単に心霊動画を作ることができるのです。 心霊動画の中には本物もありそうですが、素人には判断しかねますし、何よりこの動画は本物の幽霊を捉えているのかも、と想像しながら見るのが楽しいかもしれません。