急速に発展した動画コンテンツ

私は動画を観るのが日々の習慣・楽しみとなっています。一昔前はそもそも動画というコンテンツは確立されていなかったように思います。当時は動画に触れる機会というのは、ビデオカメラで撮った動画を観るとか、テレビを観るくらいしかありませんでした。
しかし、インターネットの普及により、「YouTube」や「ニコニコ動画」などのコンテンツが日本だけでなく、世界中に浸透しており、動画に触れる機会は格段に向上しました。また、観る側としてだけではなく、動画を配信する側としても多くの人が前述のような動画サイトを利用しています。
私は「YouTube」や「ニコニコ動画」をほぼ毎日観ています。YouTubeは主に音楽関連の動画を観る際に利用しています。従来はCDを購入しなければ観ることのできなかったプロモーションビデオなども手軽に観れますし、「定番クリスマスソング」などのまとめ動画も大きな魅力です。
ニコニコ動画は、よりソーシャルネットの要素が強く、自分で番組を持っている方も多くいます。また、ユーザー参加型で、動画に対するコメントがリアルタイムで楽しめるのも特徴です。
今後、さらに動画コンテンツは進化していくと思いますが、配信者も観る側も常識を持って利用することが大切だと思います。